お袋の日

最近は母の日がありました。

 

僕が母の日に気づかずスルーしていれば

例年通り特に何もしなかったでしょう。

※去年は特例的に定額給付金でうなぎを買わされた。

 

例年はスルーが鉄板のイベント。

しかし

今年のインターネットではどこを見ても

「母の日!母の日!」と言ってるし

TVをつけながら食べたお袋との晩飯の場でも

「母の日!母の日!」とTVの人が連呼していましたw

き、気まずい・・・w

 

ここまでくると

しょうがないのでお袋に

「欲しいものはあるか?」

と聞くと

「鍋」との返答。

 

f:id:kubotaindex:20210513011527j:plain

 

2500円くらいで上の炒め鍋を購入しました。

安く済んだし実用的なものなので満足。

 

~~~~~~~~~~~~~

 

母の日のプレゼントと言えば

まずは「カーネーション」が思い浮かびます。

お袋に尋ねたとき

欲しいものがカーネーションだったら

僕はどうしていただろうか・・・

 

僕は心が貧しいから

その気になれば

道端に生えるタンポポを平気で踏みにじれる。

その僕が汗水たらして働いたお金を

一輪の花にする、というのは

もしかしたら耐えられなかったかもしれないw

 

そんな心の貧困化が止まらない中年のお話。