お義父さん

友人の子供は女の子が多い。

 

昨日会った二人

13年ぶりの友人は子供は男の子だったけど

たまに会う友人の方は女の子。

写真なんかも二人とも見せてきて

「やっぱりうちの子が一番かわいいんだよ~」

なんて言ってました。

親バカだと分かっているけどかわいいんだそうな。

 

女の子はまだ一歳半なんだけど

すでに友人は「孫が見たい」なんて

割と意味不明なこと言ってましたw

いくらなんでも気が早すぎるw

 

僕も僕で

「今日からお義父さんと呼ばせてください」

っていうネタがあるんだけど

実際に言ったことは無い。

 

子供はかわいい!宝だ!なんて言ってる友人に

冗談でも言っちゃいけないような気がして言えない。

言ったところで別に怒りはしないだろうけどw

13年ぶりの友人と会う

13年ぶりの中学校時代の友人と会ってきました。

四人の予定がまさかの主催者欠席で三人

居酒屋に入り僕だけコーラで乾杯。

 

13年ぶりの友人には

「くぼた変わんねーなー」なんて言われ

たまに会う友人にも

「くぼたさんが変わらないのは定評があるw」

などと、どの界隈からの定評か

よく分からないことを言われましたw

 

「今日が楽しみ過ぎて最近寝不足だった」とか

意味の分からないヨイショも入ってたけど

ホントならそう思ってくれる一因になれて良かった。

 

あとは居酒屋の刺身は10年ぶりくらいに食べたけど

量も割とあったし安くておいしかった。

ご飯をタッパーで持ち込み可なら

刺身一品頼むだけで一食いけそう。

 

そんなことを思った一日でした。

札束でビンタされる

前澤社長のお年玉の結果が出ました。

 

f:id:kubotaindex:20200120174630p:plain

 

結果はハズレ。

 

 

ユーチューブには

「当選した人用」と「ハズレた人用」の動画が存在して

ツイッター上で各々がどちらかの結果を見ることになります。

僕はお年玉の結果が出てるのを知らずに

ユーチューブのおススメに出てきた

当選した人用の動画を直接見てしまいました

 

前澤社長「あなたは当選です!おめでとう!」

僕「えっ?」

 

まぁツイッターとユーチューブを連携させて

当選した人にのみおススメ動画配信なんておかしいから

変だとは思いましたがw

似たような人いるんじゃないかな割と。

 

100万円につられて前澤社長に札束でビンタされた形。

お刺身コーナー

昨日はOKストアに行ってきました。

多少の物をかごに入れ

メインである晩飯のお刺身コーナーを物色。

 

(なんか前より高くなってね?)

みたいな感想を持ちつつも購入。

まだ迷わず買えているけど

このペースで値段が上がって

小さくなっていくと(シュリンクフレーション!)

十年後には刺身買えなくなってそう。

それとも逆に養殖技術に革命が起きて

食べ放題状態になっているかw

 

悲観主義先行なんてつまらない!

未来を信じて今日も魚で腹八分目。

今日は有休

今週は今日と明日、有休をとりました。

有休の制度は会社の義務だから

感謝するのもアレなんですが

僕はこのバイトまで

享受してこなかったのでやっぱりありがたいw

 

なんなら今のバイトは

ボーナスなる寸志

さながら高額なるうんち(韻踏み

みたいなもんも年二回貰えますw

 

高額なるうんちで思い起こされるのは

ジャコウネコの糞からとれるコーヒー豆「コピルアク」

値段調べてみたら5000円前後。

それよりは多少貰えてるけど

ボーナスに高額なうんちを貰っているという表現は

そんなに間違ってないくらいの誤差w

 ボーナスがうんちから採れるコーヒーと同じ金額・・・

 

ってか世の中ボーナスもらえない人もいるんだ!感謝や!

物の価値

先日お店に服を売りに行ったのですが

一緒に持って行ったデジカメ二個は

十年前の物ということを理由に買い取ってもらえず。

持ち帰ることに。

昔、友人が他の店で服を買いたたかれてたのを見たから

むしろデジカメに値段が付けばいいかな

くらいに考えてたのですがw

(服は三点で1800円)

 

無事家に持ち帰ったもののまだ動くし捨てるのは忍びない。

ワイの子孫なんて一生できないから

この世界なんてどうなっちゃってもいい!温暖化万歳!

ってそんな考えはクズ!

 

我々の世代から次世代へのバトンパスを決めるためにも

このゴミをただ捨てるわけでなく未来へ。

そんなわけで青地に黄文字の看板

日本の最終処分場へ。

 

結果二点350円で買い取ってくれました。

文字に起こすとなんだかいいことをした気がする。

 

買取までの時間で店内見てたらスーファミのFF6が

3000ちょいで売っていた。

十年前のデジカメが二点350円

一方二十年以上前のゲームが3000OVER

物の価値はよく分からない。

プチャヘンザ

今日はセカンドストリートという店で

服を売ってきた。

金額にはおおむね満足も店員の態度が威圧的。

このあたりのバイトはホントしょーもねーなー、

って俺もか!プチャヘンザ!(前記事参照)