タバコ休憩の議論

今日は工場の日。

 

僕の受け持つ仕事にちょっと余裕が出来たので

近くにいた

定年近辺のおっちゃんの所に入って

仕事を手伝いました。

 

もともと人情味のある人で

手伝ったことを感謝もしてくれました。

 

悪い気はしなかったのですが

おっちゃんは

僕が手伝ったことによってできた余暇を使って

タバコを吸いに行きましたw

いわゆるタバコ休憩。

 

~~~~~~~~~~~

 

僕は割とタバコに理解がある方だと思う。

僕自身は吸わないけれど

周りに吸う人はたくさんいたし

例えば雀荘なんて言うのは

半分は煙を吸いに行くようなところだったりもする。

 

そんなわけで

長い人生経験の結果として

煙を吸うのにもなれてるし

タバコを吸う人が一概に悪い人だとも思わない。

僕が生まれたころからの

ここ30年くらいの愛煙家の追い込み方は

なかなか強気で

今ではちっちゃな箱に一気に追い込んだ。

別に僕には被害は無いし

どうだっていいといえば

どうだっていいのだけど

極端に言えばちょっとかわいそうな気もする。

 

そんな僕だけど

こと「タバコ休憩」については許せそうもない。

 

僕が汗水たらして働いている間に

虚空を見つめてタバコをくゆらせている。

一度タバコを吸いに外に出ると

食品工場だからエアシャワーを浴びたりして

現場復帰するのには5分ではきかない。

その間も同じ給料が出ていて

僕の方はしばかれまくっているw

 

こんな酷い格差でも

昔よりはマシで

タバコが追い込まれることによって

タバコ休憩も随分取りづらくなったと思う。

そこまで考慮すると

僕もタバコを追い込むことに

賛成してしまいそうであるw

 

~~~~~~~~~~~

 

でもアレだよな

何故社会は

愛煙家のタバコ休憩を減らす方向に

向かってしまうのか・・・と思ってしまう。

 

僕が思うに愛煙家だけに

休憩をあたえるんじゃなくて

皆に平等にタバコ休憩的なものを与える方向に

社会が進んでいければ

それはそれは素晴らしいことだと思うのに・・・

 

・・・

 

ちなみに僕が

一時間毎に10分の休憩を与えられたら

歴史マンガを読んで教養を高める(嘘