この十五年とは

f:id:kubotaindex:20220411011256j:plain

 

なんとなく写した一枚。

 

現物の看板広告を出すような時代でもないのか

上の看板も下の看板も広告募集中。

 

写真をとったときは

下の看板は「看板募集」になってて

看板が看板を募集するなんて変だ!と

思ったのですが

冷静に今見ると普通でした。

ちょっと違うけど

車を乗せる車とかもあるし・・・

 

おかしいのはワイだった・・・

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

実家を出て引っ越しするまでのタイムリミットは

あと6か月半。

まだゆるめに準備しています。

 

物件なんかは

今見てたってすぐには入れないので

適当にみて相場を調べるくらいにしています。

 

一方で物は結構捨てています。

もともと物が少ない生活をしていたのですが

ここ数年で書類などを捨て始めて

卒業証書とかそういうものも捨てはじめていました。

 

そしてここにきて決まった家を出るというイベント。

さらに物を売ったり捨てたりしています。

 

最後の最後まで残る物って

思い入れが強かったり大事なものだったりすると思う。

その中には大学時代に買った

物理や数学の本があるのだけど

このへんも使わないわけだし処分する予定。

書き込みをしているわけでもないし

必要になったら買いなおせばいい・・・

 

・・・

 

買いなおすことはないだろうけどもw

ちなみに本を読みながらつけていたノートはとうの昔に処分した。

 

 

 

それにしても

自分にとって

かつて大事だったものを捨てていくと

ほぼ何も手元には残らなかった。

二十歳からのこの十五年くらいはなんだったんだろう、

という気になってくる。

 

人生とは・・・