久々の活字

f:id:kubotaindex:20211126011835j:plain

 

ふぁさんの新刊が出たので購入しました。

去年の日記を見る限り一年ぶりの著書のはず。

 

kubotaindex.hatenablog.com

 

 

僕がふぁさんの本を全部読んでるだけあって

今回の本も読みやすかったです。

共感できるところもたくさんあり

「お前は俺かwww」

みたいな印象もw

 

ふぁさんはずーっと

ニートが共感するような本を出していたイメージだけど

前作「夜のこと」で自分の生々しい恋愛を扱って

一気に今までの読者を葬った。

もう戻らんのかなぁ、と思ったが

今回また元のレールに戻ってきた感があるw

 

個人的にはその方が良かった。

 

ただ今作を読み終えて

前作「夜のこと」は

一体なんだったんだろう、という気になっている。

 

最近は本の処分も最終段階に差し掛かっている。

このモヤモヤを取り去るためにも

売る前に一度読み返してみようか・・・