一つの駒

先日受けた健康診断の結果が返ってきました。

 

例年は聴力だけ微妙という感じ。

※日常生活で不便に感じたことはなし

 

ところが今年は

血液検査にある項目が

A「異常なし」からB「差し支え無し」

に変わっていました。

基準値上限から2%程度のズレなので

まだ気にすることもないでしょうが。

 

 

工場が

「健康診断は働く人の義務」とかいって

強制してくるから受けているけれど

いっそのこと無くせばいいのに、と思う。

いつの時代から健康診断が

働く人の義務になったのだろうか。

 

狩猟時代は

当然そんなものはなかった。

くまを狩ろうとして追い込んでも

一発のひっかきで人間は命を落としていた。

その時代、健康や命は脆くはかないものだった。

 

それが今や

医学によって健康を管理して

健康寿命を延ばしましょう!

早期発見で長生きしましょう!

できるだけ長く健全に働きましょう!ってwww

 

時がたっても

人間が一つの駒であることは変わりないのに

命だけが大事に扱われるようになった気がする。