親戚の最期

昼に親戚から電話がかかってきました。

 

悪い知らせなんだけど、と前置きをして

「がんになって余命があと三か月」

とのことを伝えてくれました。

 

僕とは三か月に一回くらい電話する間柄で

最近は体調があまりすぐれないとは言っていました。

直近になると

ご飯を全く食べれなくなったそうで

それで病院に行ったらがん宣告されたとのことでした。

 

僕もこういう時に

電話口で何と言葉をかけていいか分からず

ほぼ聞いてるだけになってしまいました。

 

この年になれば親戚も何人か亡くなっていますが

最期は急にぽっくり逝ってしまったり

意思疎通ができない状態になったりでした。

まだ全然話ができる状態で

なおかつ

ほぼ確実に三か月後にはこの世にいないってのは

今までになかったなぁ、と。

 

~~~~~~~~~~~~~~

 

湿っぽい感じになりましたが

次記事からは通常運行を予定。