上から目線で若者に喝

今週も特に何もないまま

日付変わって金曜日。

 

最近のニュースでは

山口県の住民税非課税世帯にくばるはずだった

4630万円の振り込み間違いが目につく。

463世帯に10万円ずつ配るところを

間違えて一人に4630万円送金してしまったアレ。

 

最初は

間違って振り込まれた住民は

お金を返すそぶりを見せていたそうだが

結局返さず雲隠れ・・・

刑事事件に現時点なってなくて

そんなの通るんだ、というのが第一の驚き。

 

そして

お金を受け取った人の年齢が24歳というのも意外。

 

 

4630万円は確かに大金ではある。

だがしかしお金を懐に入れ雲隠れして

その後の人生ハードモードに突入するには

24歳はあまりに若すぎてもったいないと思う。

金額的なことだけで考えても

人生を逃げ切れる金額じゃないしw

 

小学生の時に

「お金をいくらもらったらカレー味のうんこ食える?」

みたいな哲学的な問いがあったけど

4630万円もらうかわりに

人生を捨てるやつがいるとは・・・

 

名前の特定とかもされてるみたいだし

山口県の若者もリスクに見合ってないことに気づいて

考え直してほしいところ。