親ガチャ

最近は「親ガチャ」という

言葉が一般にも浸透してきているようです。

掲示板なんかでは

結構前から見たような気もするワード。

 

 

僕個人に関して親ガチャは

成功だったのか、失敗だったのか?

 

うちの親は収入の割には

教育に金をかけたし

全体的に割とまともな倫理観を持って育ててくれたと思う。

 

一方で僕が10歳くらいの時に親父と離婚して

片親になったりしたし

子供の意思を尊重せずに

ものごとに介入しすぎる

毒親的側面は多少あったとは思う(現在進行形)。

 

当然のことながら

いい面も悪い面もどちらもあるし

極端な感じの親だと思う。

親ガチャが成功だったか失敗だったかってのは

大体の物事の本質のように

グラデーションの中にあって

一つには定まらない。

 

・・・

 

しかしながら今の僕は

親ガチャは成功したとしか言いようがないだろう・・・

もうじき35歳になる実家住みの子供部屋おじさんが

時流に乗って「親ガチャに外れた!」と

わめきだしたら

それはもう人の道を踏み外してる感があるw

(現在そういう状況で

 親に恵まれなかった人もいるかもしれませんが・・・)

 

 

~最後に~

 

逆の立場で考えると

お袋は子ガチャを外したと

間違いなく思ってるだろうw