久々の横浜駅

f:id:kubotaindex:20210702012200j:plain

 

久々に電車に乗ってきました。

写真は横浜駅の一枚。

見ての通り反射物が多いので

自分が写り込んでないことを

一応確認してのUP。

 

横浜駅なんて数えきれないくらい来ているけど

久々に訪れたら

まわりの人がなんだか立派に見えました。

 

~~~~~~~~~~~

 

僕は横浜の北の方で

大体は家と工場を往復する日々を送っている。

そんな日常だから

関わる人は

どこか陰があるような人が多い。

 

工場にいる人と

横浜を歩いている人は輝度が違う。

生気に満ち溢れた高校生や

スーツを着た体格のいいサラリーマン

美容室のパーマが効いたおしゃれなおばちゃん。

そんな人は工場にはほぼいない。

 

道行く人は

マスクをしているから

表情までは分からないのだけど

その上の目は死んでいない。

一方で

工場の人は死んでる人が多い。

僕の目ももちろん死んでいる。

 

もしかしたら

僕は横浜駅のまわりを

イキイキとした目で歩くような

そういう存在になりたい人生だったのかもしれない・・・

 

ただ

人間目が死んでからが勝負の部分もあると思う

僕はそこで闘う覚悟は出来ている。