韻とオチの話

話のオチの説明は

基本的にはしてはいけないと思っている。

それは日常でもブログでも。

 

僕は適当かつ精魂込めて

結構な頻度で日記を書いているのだけど

オチは説明していない、

当たり前だけどw

 

で、今日だけちょっと説明させていただきたい。

 

僕のブログのオチは多分二種類ある。

 

(1)ストレートに話の流れと

   つじつまが合う形で話が終わる型

 

(2)日記を書いていて最後の最後

   何も思い浮かばない時に

   韻を踏んでごまかしている型

 

笑える笑えないは置いといて

一応毎回頑張ってオチは考えているのですw

 

このブログはほぼ(1)で終わりますが

最近は落としどころが見つからず

(2)を利用することも多くなっています。

記事の最後で

韻を踏むという予告は

一回もしていないので

今まで踏んだ韻が誰にも理解されていないと想像すると

背筋が凍る思いです。

 

~~~~~~~~~~~

 

ちなみに韻とは

野々村真」と

「孤独な魔物」

のように母音を取り出すと大体一致するものです。

他には

大仁田厚」と

「通り魔殺人」

など。

 

昨日の記事では

「面倒くさい」と

「解毒剤」

を踏んで〆ました。

 

こういう韻を踏んで話を終わりにするのは

一見しただけじゃ

意味が分からない文章になってしまうし

今後はやめたいところ。

 

 

最後に。

文章的な流れとして自然に読めず

つじつまが合わないオチになっている、

なおかつ韻を踏んでないものがあったとしたら

それは僕の文章力がアレってことでご勘弁をw・・・(1)