2003年夏の大検

今日は休みの日。

マッチングアプリで彼女が出来た

友人に会ってきました。

何故こんなに頻繁に会うかというと

彼には僕の他に友達がいない

というのが主な理由。

 

ブログで彼の紹介も結構したので

クセの強さは多少なり伝わったかな

と思っています。

以前の記事に

「面白い人ですね♪ 」という

突っ込みが入りましたが

実際関わってると笑えない部分もありますw

 

 

 

彼とは中学校からの付き合いで

僕は17日で中退

彼も高校を夏休みぐらいを機に中退しました。

これが2002年の話。

 

そして2003年の夏。

僕と友人は大検を受けるために

神奈川大学にいました。

 

大検は二日制で

一日目は僕も友人も無事終了。

 

そして二日目

13:20に数学を終えて残り二科目。

次の科目である化学は16:15からでした。

 

その間大学の近くの段差に座って

二人で勉強と雑談をしていたのですが

突然

 

「もう帰ろうぜ」

 

と友人。

 

「いやいや、そういうわけにはいかんだろ」

 

と僕。

 

しつこく誘ってくる「帰ろう」という友人の言葉。

僕だって帰りたいとは思ったけど

さすがに試験を終える前に帰るわけにはいかず。

何回も誘いを断りました。

 

何回も問答を繰り返し

僕が折れることは無いと悟った友人は

意を決して

「じゃあオレは帰るわ」

という言葉を残し階段を下り消えていきました。

試験を途中で帰るなんて

その時の僕の常識では計れなかった。

戻ってくるかな?と思ったけど

戻ってこなかった。

あれもまた青春の一つの形だったんだ。

 

18年前

あの神奈川大学の夏

階段をくだって

消えていった友人のことを 僕は忘れない