屋根の上に布団を敷く

今日は天気のいい日だった。

 

僕は日光を浴びる時間が少ない。

北側に位置する自分の部屋には

直接日は差し込んでこないし

働いてる工場なんかも

窓がほぼ無い室内環境。

日光を浴びる時間と言えば

買い物や工場への道くらい。

 

今日はリビングへ行くと

直射日光がガンガン差し込んでいたので

ケトルで水を温めている時間

窓の近くに座り込んで日光浴をしていた。

ぬくぬくと温まり

生を実感していると

近くにいたお袋が(僕の)親父のことに触れた。

 

お袋と結婚をする前の若かった頃

親父は天気のいい日に

実家の屋根に布団を敷いて

そこで寝ていたらしい。

現代の感覚だと奇行にも思えるが

昔だったらそんなに珍しくないのかも。

親父は体が弱かったので

そのへんにも要因がありそう。

 

 

日光を浴びるなら

室内の窓際に座るんじゃなくて

散歩でもすればいいのでしょうけど

いっちょ前に身なりに気を使うため

外に出る前は風呂に入って洋服を着る。

冬はその段取りがあまりに重苦しいため

断念することが多い。

 

なんだかセロトニンが足りてない

引きこもりの日記みたいになってしまった・・・